(2011年9月30日発刊)

 本書は、著者自身が整形外科の臨床医として、そして損害保険会社の顧問医としての豊富な経験を基にして、損害調査実務での医療審査(医療照会・調査面談等)にあたって留意しておくべき医療・医師の実態や、実務上の基本姿勢等ついて詳述し、保険業界と医学界のギャップを埋めるべく、無駄なくスムーズな交渉のための提言を行っております。
 損保担当者の悩みのタネである医療照会の要点などにつき、外傷、疾患、治療別に実務的な解説を行っておりますので、新たに損調実務に携われる方を始め、マネジャークラスの方、さらには弁護士、医師といった方々にも活用していただける内容になっております。賠償実務に携わる皆様にとって必読の書でございますので、是非ともこの機会にご一読ください。

●主な掲載内容
 第1章〔基礎編〕
  • 紛争の主因はやはり保険会社側に
  • 誠意無くして保険実務無し
  • 医学知識をひけらかせて良いことはない
  • 医学は分からないことばかり
  • 医師は診断書の書き方を知らない
  • 医師は保険用語を知らない
  • 症状固定という用語・概念は医学界にない
  • 素因は医学界では遺伝
  • 医師は外傷性と外傷後を混同して使う
  • 保険論的判断と医学論的判断は違うことを前提に
  • 理想的な照会は一問一答
  • 専門の顧問医にこまめに聞く

 第2章〔実務編〕
  • 症状固定に向けての理屈、素因競合は二の次
  • 画像所見には限界がある
  • 画像所見上、新鮮か陳旧性かの区別ができるか?
  • 神経損傷・麻痺の診断は鵜呑みにできない
  • 心因性要因の競合ケースには医者も困っている
  • 純粋な外傷性椎間板ヘルニアはほとんどない
  • 骨折は治療が適切でもすべてが順調に癒合する訳ではない
  • 相談の多い外傷・疾患の実務上の留意点
  • 昨今話題の病名・治療
  • 妥当な入院期間を決めるための基準はない
  • 後遺障害等級と実情のギャップは大きい

2011年9月30日発売 B5版 188頁  本体価格 2,800円(税別・送料別)  井上 久 著

送料 宅配便、郵便でご送付致します。送料はお買い上げ商品の大きさ・重さ、地域によって別途かかります。
消費税について 各商品の価格は消費税込みの料金で表示しており、表示料金には消費税5%が加算されております。
お支払いについて お支払方法は、銀行振込、郵便振替、もしくは現金書留で事前に当社宛てに料金をご送付頂く方法があります。特にご指定ない場合は「郵便振替」用紙を商品に同封しますので、後日商品と郵便振込用紙がお届けになった際、お近くの郵便局にて、代金をお支払いください。